忍者ブログ

情報商材のカメラ1本輸入転売を安く買えるサイトを紹介中です。

カメラ1本輸入転売【安く買う】

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カメラ1本輸入転売 若狭 洋平

カメラ1本輸入転売

カメラ1本輸入転売 



 

下記より購入し簡単な感想を送るだけで最大3000円還元されます!
カメラ1本輸入転売 情報商材キャッシュバック




貴方がもし、海外から品物を輸入しヤフオクで落札された経験があれば、
こんなことを思ったことは御座いませんか?


「やっと落札できたと思ったら、利益がたったの2,000円」


通常の輸入転売法では、こういったことがよく起こりえます。
何故なら利益の源が、円高差益であったり物価の差だったりする場合が多いからです。

今、物凄い円高ですよね。
1ドル100円だった時代に10,000円で輸入する事ができたものを、
1ドル80円の時代では8,000円手にする事ができます。
つまり、10,000円の価値があるものを8,000円で輸入し、国内で転売すれば2,000円の利益が出ます。

こういった差額を狙った輸入転売法が現在の主流ですが、大した利益を望むことは出来ません。
大きな利益を手にしようとすれば、かなりの資金が必要になります。
利益幅が、大したことないからです。

 

また、物価の安い国から輸入して、物価の高い日本で転売する方法も紹介されていますが、
同様にそんなに多くの利益を生み出すことは困難です。

何故なら、日本でも十分ニーズのある品物を輸出出来る国の物価は、
一般的に日本のそれと目に見える程の違いはないからです。

例えば、中国は経済的発展を遂げ、オークションサイトにも
購入意欲をそそるものが登場するようになりました。
しかし、そうなると日本との物価の格差は、以前に比べどんどん縮まります。


本サイトで公開する輸入転売法は、円高差益や物価の差を狙ったものでは御座いません。
ですから、円安になってもガッチリ稼ぐことができます。

カメラ1本輸入転売

繰り返しますが、以下のよう構図があるものです。
冒頭で、本サイトのノウハウは「次世代型輸入転売法」といいましたが、
下記にそのメカニズムを纏めてみましょう。


 

これなら「やっと落札したのに、利益はたったの2,000円」何てことは
無くなると思いませんか?


同じ労力で輸入し転売するなら、利益は大きいほうがいいですよね。
その思いをかなえる為には、輸入する品物が重要なポイントになります。
安く購入する事ができ、高く売ることが出来る品物を選ば無くてはなりません。


そういった意味で、冒頭でお伝えしました
「海外では評価が低く、日本では多くのマニアが存在する市場がある」
という品物は、その条件を満たしていることになります。


では、その品物ってなんでしょうか?


 

ではいよいよ、本題に入らせていただきます。

貴方は、海外では余り評価されないため安く輸入する事ができ、
日本のマニアに高く売ることができ、大きな利益幅が期待出来る品物って、
何だと思われますか?

 

それは、カメラです。

情報商材レビュー


「えっ!? カメラのこと何て何も知らないよ」

大丈夫です。
繰り返しますが、
カメラのことは何も知ら無くてもかまいません。
その理由をお話しします。


申し遅れました、若狭洋平と申します。

わたしは、カメラ専門の輸入転売法を確立し、
その利益だけで生活をしております。


わたしもカメラこのことは、何も知りませんでした。

カメラのことを知ら無くても、大丈夫なんです。
そのことについては、追々お話しさせていただきたいと思います。

 

普通の輸入転売法をやっておられる方は、
洋服や小物等いろいろな物を仕入れて転売されているようです。

しかし、わたしはカメラ1本です。

世界一のオークションサイトeBayからカメラだけを輸入し、
日本のヤフオクで転売するだけで、年商3000万円を稼ぎ出しているのです。

何故、カメラだけなのでしょうか?

その理由から、お話しさせていただきます。


 

海外でもカメラマニアはいますが、日本程熱狂的では御座いません。

よって、世界一のオークションサイトeBayでは、
信じられない低価格で日本のカメラマニア垂涎のカメラがゴロゴロしています。
特に日本のマニアから支持されているライカ等の海外製のものが、
物凄い数、出回っています。

何故なら、ヤフオクが年間8000億円の売り上げに対し
eBayは年間5兆4000億と7倍近く売上があり、膨大な市場だからです。
ですから、出回っている商品数が半端では御座いません。
いいものが数多くありますし、輸入すべきカメラが無くなる事も御座いません。

それはともかく、「カメラマニアの熱が日本程では無い」、
「圧倒的な品数が流通している」 という理由から、
格安で手に入れることが出来るのです。

マニアはカメラ本体だけでなく、箱や取扱説明書にも気を配ります。
eBayでは、50年以上前の商品でも箱や取説が付属する等、
保存状態が良好な物も数多く売られています。

マニア心をくすぐる逸品が、eBayには溢れかえっているのです。
わたしが、カメラ1本に絞っている1番目の理由は「日本で高値で転売出来るものが、eBayには数多くあり、しかも安値で購入する事が出来る」と言う事です。

 

月収7万円の占い師の収入が5倍+αになった【100万稼ぐ占い師のとてもシンプルな秘密 】 CYBOTTO ニュースプラザ 第5アフィリエイト アフィリエイター騒然!第5アフィリエイト シナリエイト~無料ブログで稼ぐシナリオアフィリエイト 改訂版「中間搾取・究極マニュアル~“微労所得”で3億円!!~」◆『人のふんどしビジネス』の決定版!! 1日たった15分の作業で毎月5万円を安定して稼ぐ!『ゴールデン動画劇場』


 

例えば、日本のカメラマニアの圧倒的な支持を集める「ライカ」。
貴方も聞いたことが御座いませんか?
特にライカの年代物のカメラは、熱烈なファンが付いています。

彼らは、しばしば「ライカ病」という病気に例えられます。
「ライカ病」とは、1度手を出すと本体やらレンズやら、
普通の人には同じに見えるようなものを買い集めはじめ、
それが止まらなくなってしまう症状をいいます。

そんな人たちが、数多くいるのです。

ライカに限らず、カメラが好きな人の多くは
レンズや本体をコレクションとして沢山収集されているようです。

中には何十万もするカメラを殆ど使わず、
1年に1度ショーケースから取り出し、シャッター音を楽しむだけという方もいます。
普通の人にはなかなか理解されない人種、それがカメラマニアなのです。


右の写真を見て下さい。
普通の人には何の変哲もないカメラですが、落札価格は300万円です。
このカメラは「ニコンS3M」といいます。

モータードライブによる高速連写性能を高めるために、
S3を18×24mmのハーフサイズフォーマットに改良したモデルで、
1960年3月から7月にかけてブラックとクローム合わせて
165台しか生産されなかった超希少モデルです。

また、35、50、105mmの視野枠が選択式になっているのも、
S3Mの特徴でした。

冒頭で「1商品の取引で利益100万円獲得もアリ」と言いましたが、
本当なのです。

右のカメラも130万円で落札されています。
これだけの高額でありながら、入札件数は139人。
やっぱりマニアって凄いですよね。

これは「ニッポン」という名前のカメラで
「光学精機社」というメーカーで作られたものですが、
マニアの間で人気のあるニコンレンジファインダーより遙かに稀少品です。
「ニッポン」はキヤノンの前身、精機光学社から独立した
熊谷氏という人物が軍部の要請で作ったライカのフルコピーです。

現存するのは、4台と言われています。

※わたしが輸入転売するのは、購入額が5~10万円前後のものが基本です。
20万円を超えるものも購入する事がありますが、平均7万円と言った所でしょうか。
100万円を超えるようなものは、余り手を出致しません。
何故なら、余りにも高額なものだと落札されるまでに時間がかかることがあるからです。
5~10万円前後のものだと、ポンポン落札されるので、わたしは基本的にこの価格帯のものを輸入転売しているのです。


 

PR

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
カメラ1本輸入転売
性別:
非公開

ブログ内検索

アーカイブ

Copyright ©  -- カメラ1本輸入転売【安く買う】 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]